シュロスケラライ ゴベルスブルク カンプタールDAC グリューナー・フェルトリーナー 日本初入荷!


シュロス ゴベルスブルク 」の現オーナー、ミヒェル・モースブルッガー氏。

 

約850年の歴史を持つ「シュロス ゴベルスブルク」を受け継ぎ、世界的に評価の高いワイナリーに蘇らせた事はこれまでも同ブログでご紹介してきました。

 

モースブルッガー氏は「シュロス ゴベルスブルク 」とはまた別の活動をしており、「エーステライヒ トラディツィオンワインギューター=オーストリア伝統醸造所連盟」のチェアマン、議長としての顔も持ちます。

 

同団体はドナウ川のワイン産地、カンプタール 、クレムスタール、トライゼンタール、ヴァーグラムの4つの産地で区画畑の格付けをしている団体で、先にウィーンも加わり5つの産地に広がりました。

 

実はとってもお偉いさんのミヒャエルさん。来日時には「あれやって、これもね」とズケズケお願いしているAWAスタッフhama。ハタと気づくと恐れ多いな〜と反省することしきり(^^;)

 


そんなミヒャエルさんが作ってるワインには「シュロス ケラライゴベルスブルク 」というレンジのワインがあります。このレンジは村名ワインクラスにあたるワインとなります。

 

SCHLOSSKELLEREI GOBELSBURG Kamptal DAC Grüner Veltliner 2017

シュロスケラライゴベルスブルク カンプタール DAC グリューナー・フェルトリーナー 

参考上代 3,100円(税別)

 

このワインにはカンプタールで特級畑に相当する”ラム”、一級畑に相当する“レンナー”“グルブ”などからの葡萄を使用。

 

2017年と若いワインにもかかわらず、スワリングすると、葡萄の熟成を酸度を失わないまで十分に待って収穫した葡萄とわかるオレンジやプラムなどのジューシーな果実の香りに味わい。魅惑的で多層な味わいが口中で広がります。快活ながら優美、一方で引き締まった、アルコールの高いがっしりとした骨格を持ちます。

 

お値段以上のクオリティーのワインです。因みにヴィンテージ違いではありますが、同ワインの2016ヴィンテージは「ワインスペクテーター トップ100」で75位90ポイントを獲得してます。

 

春に飲みたいお勧めワインです!

オーストリアワイン大使 hama * オーストリアワイン商品紹介 * 10:49 * - * - * pookmark

シュティフト ゲットワイク ロゼミサワイン

 

3月に入り、日に日に春の訪れを感じますね。本日はオーストリアより素敵なロゼワイン限定入荷のお知らせです。

 

写真はオーストリアの有名ワインメーカー、フリッツ・ミースバウワー氏です。AWAが長年輸入している「シュタット クレムス」のセラーマイスターですが、実はもうひとつ別のワイナリー「シュティフト ゲットワイク」のセラーマイスターでもあります。

 

「シュティフト ゲットワイク」は1083年パッサウの司教 セント・アルトマンにより設立されたベネティクト修道院です。葡萄栽培、ワイン造りの歴史も長く、1286年から始まりました。

 

そんな歴史あるワイナリーのセラーマイスターを任されているのが、ミースバウワー氏です。かつてフライエ・ワインゲルトナー・ヴァッハウ(現ドメーヌ・ヴァッハウ)のチーフメーカーに若干20歳で就任したという、敏腕ワインメーカーです。

何回かお会いしましたが、小柄で童顔の見た目とは異なり、バイタリティー溢れるお人柄!

 

写真はシュティフト・ゲットワイクを訪問した際、修道院側から撮影。ミースバウワー氏の後ろにはクレムスの葡萄畑が広がります。

 


<Stift Gotweig シュティフト ゲットワイク>

Rosé MESSWEIN ロゼ ミサワイン

参考上代 2,700円(税別価格)

 

「ミサワイン」という名前の通り、このワインは修道院のミサで使用される特別なワインです。ミサワインは司教の許可を得て作られます。補糖、補酸など認められておらず、ナチュラルでなければなりません。

 

葡萄はピノ・ノワールとツヴァイゲルト、主にフリーラン・ジュースを使用してます。

 

ワインのラベルに施されている天使のイラストは修道院に残る、バロック画家パウル トローガー作の天井フレスコ画から。見た目の可愛らしさを良い意味で裏切る硬派で辛口、クオリティの高いロゼワインです。

 

綺麗なサーモンピンク色。バラやチェリー、トマトの葉やハーブ、ミネラリックな香りに味わい。滑らかででとろりとした、エクストラクトの高い果実味に高い酸味。さすがミースバウワーさんのワイン!と唸ってしまいます。

 

写真はミサワインと、オーストリアの伝統菓子リンツァートルテ。桜餅などスイーツにもよくあいます。お花見にお寿司やぷりぷりのエビのサンドイッチなどにも相性抜群です。数量&季節限定ワインです!

オーストリアワイン大使 hama * オーストリアワイン商品紹介 * 13:35 * - * - * pookmark

ベビークラッハー TBA NV 187ml

 

 

先週の2月23日は故アロイス・クラッハー氏の誕生日でした。ご存命なら60歳。亡くなられたのが2007年の12月、48歳というあまりにも早すぎる死でした。

 

一方で若くしてクラッハーを偉大な甘口ワインメーカーとして世界にその名を知らしめた偉業に改めて敬意を評します。

 

写真は2003年、ワイナリーを初めて訪問した際に撮影した当時44歳のアロイス・クラッハー氏と、若かったhama(笑)。セミナー中のオーラーいっぱいの威厳ある雰囲気とはうって変わって優しいお人柄でした。

 

そのアロイス・クラッハー氏が亡くなる丁度1年前にリリースされたのが、AWAが輸入するクラッハーの甘口ワインの中でも最も人気のワイン、トロッケンベーレンアウスレーゼ  NV 187mlです。

 

 

<KRACHER クラッハー>

Trockenbeerenauslese NV 187ml

参考上代 2,400円(税別)

 

クラッハーの甘口ワインの真骨頂といえば、プレミアムコンポーネントシリーズの貴腐ワインのセットです。ですが375mlでしかもセット販売となると、気軽にお買い求めにくい面も。

 

「通常貴腐ワインは10年、20年後にようやく飲み頃になりますが、実際には早く開けてしまい、本来の味が伝わらずもったいない」とアロイス・クラッハー氏は考えてました。

 

それを解消するためにこのワインはフレッシュさと凝縮感、フィネスの為に複数ヴィンテージ(少なくとも3つのヴィンテージ)をブレンドしました。

 

これによりリリース時にすぐに飲んで頂け、しかもレストラン様などで丁度2杯取りでロスなくサービスできるように、と考えぬいて作られた、アロイス・クラッハーのいわば末の子供=ベビークラッハー的な貴腐ワインなのです。

 

もうすぐ❄ホワイトデー💓、AWAスタッフhamaはオーストリアの伝統菓子オレンジクグロフとベビークラッハーを合わせてみました。

 

クラッハーの貴腐葡萄が植えられている畑は100年程前まではノイジードラー湖でした。

だんだんと枯渇して現在は砂質土壌ですが、湖の成分のわずかな塩分が、ワインの味わいにほのかな塩気とビタネスを与えます。

 

甘みの中にビタネスがあるので甘ったるいだけでなく、味わいに引き締まりがあり、オレンジググロフの甘みとオレンジピールの苦味と、とっても良くあいます。アロイス・クラッハー氏に思いをはせ、幸せのマリアージュを堪能しました。

 

素敵な甘口ワインをありがとうアロイス!

オーストリアワイン大使 hama * オーストリアワイン商品紹介 * 10:55 * - * - * pookmark

ロゼトラウベンモスト限定入荷のお知らせ

 

ここ2、3日は寒さも緩み、ようやく冬も終わりを迎えそうな今日この頃。
弊社AWAがある兵庫県西宮市の夙川は桜の名所なのですが、桜のつぼみが小さくふくらんできたなぁ、といった様子です。

本日はそんな春にぴったりなロゼトラウベンモスト限定入荷のお知らせです。


シュトロム
ロゼ トラウベンモスト(ロゼ ブドウジュース)
1000ml スクリューキャップ仕様
参考上代 1,700円(税別)

※数量限定入荷商品です。

タヴェルロゼのようにしっかりとした色あい。桜やバラの花びらの香り。フルーティーでワイン用葡萄由来のコクのある果実味。やさしい甘みながらクリアでナチュラルな味わいの
ロゼ葡萄ジュースです。

お花見やピクニックに持っていくと、一目おかれるお洒落なジュースです。限定数量入荷商品につきご注文はお早めにお願いします!

オーストリアワイン大使 hama * ニュース * 10:03 * - * - * pookmark

FOODEX JAPAN2019 オーストリアパビリオンにAWA輸入ワイン出展!

FOODEX JAPAN2019 オーストリアパビリオンに今年もAWAお取り引き先様のワイナリーからブースが出展されます。詳細は以下です。

 

FOODEX JAPAN 2019

期間:2019年3月5日(火)8日(金)

時間:10:00〜17:00(最終日は16:30まで)

場所:千葉幕張メッセ ホール2(ブース番号2C0)

 

AWAお取引き先様からは以下ワイナリーが出展します。

 

Esterházy エスターハージー

Bründlmayer ブリュンデルマイヤー

Jurtschitsch ユルチッチ

Gobelsburg ゴベルスブルク

他 ジュース、ビール出展

 

 


ユルチッチ からは新しくリリースされた「
ピノ・ノワール ランゲンロイス 」、樹齢60年の葡萄から作られた「サンクト・ラウレント ジャングル」、ブリュンデルマイヤーからはヴィリーの息子ヴィンセントが手がけるブリュンデルマイヤー初のオレンジワイン「ルーレンダー (ピノ・グリ)」をご紹介します。

 

ワイナリーの次世代が次々に面白いワインを出してます。新しい発見があることでしょう。是非AWAのブースへお越しください!

オーストリアワイン大使 hama * オーストリアワインイベント * 10:07 * - * - * pookmark

ユルチッチ ナチュラルワイン アモーレ フー 狂おしい愛

 

ユルチッチのナチュラルワインのレンジ「ENTDECKUNGENエンデコンゲン」アルヴィン・ユルチッチと、妻でセラーマイスターであるステファニの若い二人が立ちあげた新しいプロジェクトです。

 

写真は二人の結婚式、美しいウエディングの様子が彫刻されています。アルヴィン曰く、この一樽から最初のナチュラルワイン作りを始めたとの事。

 

弊社ではベーシックワインの「ベルナチュレレ」が定番ですが、中級レンジのナチュラルワインがこの度入荷しました!

 

 

<JURTSCHITSCH ユルチッチ >

Amour Fou  アモーレ  フー

  参考上代4,800円(税別)

 白 ナチュラルワイン(オレンジワイン

 

アモーレ  フーとはフランス語で狂おしい愛という意味です。アルヴィンとステファニお互いへの狂おしいまでの愛をメモリーに作られたワイン。

 

葡萄はグリューナー・フェルトリーナー100%。シングルヴィンヤードの「ロイザーベルク」から収穫。軽い除梗を行い、500リットルのステンレススティールタンクで発酵後、10週間葡萄の皮とともに浸漬させます。

その後、小さいニュートラルのオーク樽で6ヶ月間熟成させました。

 

白葡萄を葡萄の皮と共に浸漬させる事により、ワインにストラクチャーと刺激的な味わいをもたらします」とアルヴィン。

 

優しいオレンジ色。グレープフルーツなどの果実味、ローリエ、ドライミントの香り。なめらかでみずみずしく、鉱物感や活き活きとした酸が繊細に融合しています。オレンジピールを思わせるほろ苦味が余韻にアクセントを与えます。

 

美しいバラのラベルは妻ステファニのアイデア。愛の告白にいかがでしょうか(^^)

96本のみの限定入荷です!

オーストリアワイン大使 hama * オーストリアワイン商品紹介 * 18:11 * - * - * pookmark

マーティン&アナ アンドルファー アニナ ベルデ

新年にご紹介し、大好評を頂いた「マーティン&アナ アンドルファー」のナチュラルワインの第2弾。

 

 

2018年 3月来日の折にアンドルファーのワイン作りのフィロソフィーについて聞きました。

 

自然は最も強い力である、という僕達の経験からアンドルファーでは自然と共に働く事を愛してやみません。また

土は最も賢いものだという知識から、土壌を信じるという決意で取り組んでいます。

 

ワインメーカーは職人であり、さらには芸術家であると考えてます。仕事には想像力、繊細さ、膨大な量の個性が求められます。オリジン(原産地)と情熱を一体化したワインを作るように心がけてます」と造り手のマーティン・アンドルファー

 

有機農法を実践しているアンドルファーならではのワイン作りへの姿勢が伝わりますね。

 

<Martin&Anna Arndorfer 
マーティン&アナ アンドルファー>

ANINA VERDE 2017

  アニナ ベルデ 2017

  参考上代 3,600円(税別)

 

アンドルファーではカンプタールのテロワールを表現した、いわゆる「DAC 原産地呼称」のワインと「ナチュラルワイン」、2つのレンジのワインを造っています。このワインはアンドルファーのナチュラルワインの中級レンジのワインです。

 

とってもユニークなワインで、グリューナーの果汁にリースリングの皮を浸漬させた、マーティンお得意の手法で作られてます。なぜそんな手法を取るように至ったのか来日時に質問したところ、

 

以前は白ブドウはプレスし、その絞りかすの皮はコンポスト(堆肥)として使用していたのだけれど、ある日その皮を食べてみたらその美味しさに驚き、皮にこそブドウ本来の香りや味わいがある事に気がついたんだ。以来この手法を考え出し、ワインによって実践してます。

 

アニナ ベルデはグリューナー・フェルトリーナーの果汁を天然酵母で自然発酵、そこにリースリングの皮を加え、10日間発酵を行います。

 

グリューナーの果汁はワインの味わいに果実味の多様な表現、複雑味を与えます。一方リースリングの皮はワインの味わいにスパイシーさと旨味を与えます」とマーティン。

 

醸造は4ヶ月間、主にステンレススティールタンクで熟成。一部はフレンチオークで熟成。清澄無し、ノンフィルター、瓶詰めの際にわずか8mg/lの亜硫酸をワインの色の変化を防ぐためだけに加えました。

 

写真でもお分かりいただけるかと思いますが、濁りのある濃い黄色。ですが、雑味はなく、濃い果実味、旨味たっぷりの味わい。綺麗で芯があり、伸びのある味わいは、口に含むと誰もが驚いてしまいます。

 

アンドルファーのナチュラルワインのレンジの中でも特に美味しいワインです。

AWAスタッフhamaは寒さがピークのこの季節にアニナ ベルドと、ゴマだれをつけて食べる豚しゃぶや、鴨鍋とあわせたり・・・。これが旨いんです!

 

余談ですが、ワイン名の「アニナ」とは、マーティンの次女の名前。名前に彼女の好きな色をつけるアイデアから「何色が好き?」と聞いたところ「青=ブラウ」だっだそう。

 

ところが「アニナ ブラウ」だと「酔っぱらいのアニナ」的な意味になってしまう為、2番目に好きな色「緑=ヴェルデ」に収まったそう。でも蝋キャップはアニナが本来好きな色「青=ブラウ」にしてあげたそうです。

よかったね、アニナちゃん。

オーストリアワイン大使 hama * オーストリアワイン商品紹介 * 01:00 * - * - * pookmark

バレンタインチョコ×クラッハー甘口ワイン ツヴァイゲルト アウスレーゼ

もうすぐバレンタインですね💓 本日はバレンタインチョコにあう甘口ワインのご紹介です♪

 

 

クラッハーは天然甘口ワインの世界的生産者です。オーストリア ノイジードラーゼ イルミッツに畑とワイナリーを所有しています。

 

クラッハーの畑のすぐそばにある全長36km、最大水深2mというノイジードラー湖は、葡萄が熟す秋には朝霧を発生します。葡萄の実にボトリティス菌が付き、ノイジードラーゼは貴腐ワイン作りに適した産地として長い歴史を持ちます。

 

クラッハーは今や4大貴腐ワインメーカーと称され、シャトー・ド・ファルグ、エゴン・ミューラー、イシュトヴァーン・セプシーらと天然甘口ワインのフォーラム「ボトリティス・フォーラム」を立ち上げ、世界各国でセミナーを開催しています。

 

 

<KRACHER クラッハー>

・Auslese Zweigelt 

 アウスレーゼ ツヴァイゲルト

 参考上代 2,400円(税別)

 375ml  赤甘口ワイン

 

味わいは赤系ベリーの果物、ドライアプリコットやオレンジピールなどの香りに果実味。甘みのなかにもそれを引き締める酸と、かすかに塩気を感じます。優しく心地よいタンニンが良く溶け込んでいます。余韻にベリーの砂糖漬けのような甘みとスパイシーなニュアンスが長く続きます。

 

オーナーで、作り手のゲオハルト・クラッハー曰く

黒葡萄であるツヴァイゲルトによるアウスレーゼ(遅摘み葡萄による甘口ワイン)は、毎年生産できる訳では無い特別なワインです。モアイムヘルト(チョコレートプティング)などと合わせたら最高に楽しめます」との事。

 

モアイムヘルトは日本では手に入りませんでしたので、ザッハトルテと合わせてみました。ビターチョコの甘さと

オレンジピールの酸味が、このワインと本当によく合います!

 

最高に幸せになれるマリアージュ!数量限定入荷のワインです。ご注文はお早めに!

オーストリアワイン大使 hama * オーストリアワイン商品紹介 * 11:16 * - * - * pookmark

初春のロゼワイン グロッサー ゲミシュター・サッツ ロゼ

西宮は今朝、小雪が舞い散りました。一番寒い時期に突入しましたが、弊社近くの桜の名所 夙川公園の桜の花も小さいつぼみがふくらみだし春の気配を感じるようになってきました。

本日は初春のロゼワインのご紹介です。

 

 

オーストリア ズュートブルゲンラント アイゼンベルクのワイナリー「GROSZER グロッサー」。グロッサーはアイゼンベルクのスレート土壌を活かし、エレガントでミネラリーなワイン作りをしている、主に赤ワインを生産するワイナリーです。

 

写真はグロッサーのワインチームです。右からオーナーでマネージングディレクターのマティアス・クルン氏、ヴィンヤードマネジャーのアントニーナ・ヴォイト氏、醸造責任者のマークス・バッハ氏です。

 

昨年からチームに加わったのがヴィンヤードマネージャーのアントニーナ。「ブドウ栽培において有機農法を一層強め、オーガニック認証に向け大きく舵を切ってます。」との事。オーガニック認証のワイン楽しみですね。

 

 

<GROSZER グロッサー>

Gemishhter Satz Rosé

 ゲミシュターサッツ ロゼ

   参考上代 2,500 円(税別)

 750ml ロゼ 辛口ワイン

 

グロッサー といえば1リットル瓶とご記憶かと思いますが、この度750mlに容量変更となりました。その分価格はお買い求め安くなりました!

 

葡萄は「ゲミシュター・サッツ」。オーストリアワインラヴァーでしたらもうご承知かと思いますが、「ゲミシュター・サッツ」とは複数葡萄の混植、混醸のワインの総称です。

 

しかし、この「ゲミシュター・サッツ」すごいところは黒葡萄による混植混醸ワインである、という事なんです。

黒葡萄は白葡萄と異なり、それぞれのぶどうの熟すタイミングが異なる為、同時収穫が難しく、そのため黒葡萄によるゲミシュター・サッツは世界でも殆ど作られてません。

 

一昨年クルン氏が来日した折に僕は食品会社を経てワイン作りを始めたから、色んな国に行って多くのワインを飲んだけれど、ゲミシュター・サッツのロゼは見た事が無い。」と言っていました。

 

濃いめのピンク色。ラズベリーやレッドカラントなどの赤系果物にハーブの香りと果実味。硬質でミネラリックな味わいは上品で、喉越しが良くまた一杯…と飲みたくなる魅惑的な辛口ロゼワインです。

 

初春に和食にはもちろん、バレンタインにはスイーツと、お花見にはスパイシーフードと合わせたり等、様々なシーンに合うロゼワインです!

オーストリアワイン大使 hama * オーストリアワイン商品紹介 * 12:41 * - * - * pookmark

マーティン&アナ アンドルファー GV ハンディクラフトッド

新年あけましておめでとうございます。旧年中は大変お世話になりました。2019年もより良いオーストリアワインをご紹介させて頂きたいと存じます。

 

本年もAWAシャン日記におつきあいくださいますようお願い致します。

 

さて2019年第一弾としてご紹介するのは、オーストリア カンプタール シュトラース村のワイナリー「マーティン&アナ アンドルファー」のワインです。

 

造り手のマーティン・アンドルファーは1983年生まれの若きヴィントナー。クロスターノイブルクワイン学校を卒業後、ヴァッハウのクノールでインターンシップを経験しました。

 

イタリア フリウリのロンリコ・デル・ニェミツでフルボディの白ワインを小樽で熟成する手法、高品質の葡萄と造り手の樽の使い方の感性との重要性を学びました。

 

オーストラリアのアデレイドヒルズなど海外でワイン造りを学んだ後、両親から葡萄畑を引き継ぎ、ワイングートシュタイニンガー次女アナと「マーティン&アナ アンドルファー」を設立。

シュタイニンガーからの紹介で弊社AWAはアンドルファーのワインを輸入する事となりました。

 

特に海外で高い人気を誇る、今ノリにのってるワイナリーです!

 

 

<Martin&Anna Arndorfer 
マーティン&アナ アンドルファー>

・Grüner Veltliner handcrafted 2017

  グリューナー・フェルトリーナー  ハンドクラフティッド 2017

  参考上代 2,600円(税別)

 

アンドルファーではカンプタールのテロワールを表現した、いわゆる「DAC 原産地呼称」のワインと「ナチュラルワイン」、2つのレンジのワインを造っています。このワインはアンドルファーのナチュラルワインのエントリーレベルのワインです。

 

「葡萄を手摘みで選別し収穫。8時間ブドウの皮とともに浸漬後、全房でプレス。自生酵母で発酵。発酵中にワインにストラクチャーを持たせる為にほんの少しスキンコンタクトをしました。その後6ヶ月間澱とともに寝かしました。80%は大樽で、20%はステンレススティールタンクで醸造。清澄無し、ノンフィルター、瓶詰の際にわずか10mg/ltの亜硫酸を加えました。

 

グリューナー・フェルトリーナー ハンドクラフティッドは醸造において一切の介入、操作をしていないナチュラルワインです。葡萄そのものの自然なアロマと畑の個性を表現しています。」

と昨年3月に来日の折にこのワインについてマーティンが語ってくれました(^^)

 

ワインはノンフィルターの為、写真のように少し濁りがありますが、雑味は一切なく、旨味たっぷりで、マーティンの言うとおり、濃厚な葡萄そのものの味わいがする、価格以上のクオリティーを持つ素晴らしいワインです。

 

hamaも大好きなワイン。飲み疲れのしない、優しく癒してくれる辛口白ワインです。是非お試しあれ!

オーストリアワイン大使 hama * オーストリアワイン商品紹介 * 11:27 * - * - * pookmark
このページの先頭へ