おせち×ブリュンデルマイヤー ブリュット

新年あけましておめでとうございます。旧年中は大変お世話になりました。

2018年の幕開け。AWAスタッフhamaが選んだワインは、スパークリングワインは外せない!という事で…。

 


<ブリュデルマイヤー>

ブリュット ノンヴィンテージ

参考上代4,800円(税別)

 

ブリュンマイヤーのブリュットはAWAが輸入するスパークリングワインの中でも特に人気の泡。ピノ・ノワール、

シャルドネ、ピノ・グリ、グリューナー・フェルリーナーのブレント。トラディショナル メソッドで、18ヵ月間瓶内二次醗酵されます。リクール・デクスペディションには遅摘みのオールドヴィンテージのピノ・ブランを加えます。

 

残糖が11.8g/l。辛口ですがほんのり果実味の甘味があるので、みりんやお砂糖を使った和食、おせち料理にオールマイティーに合うスパークリングワインです!スパークリングである前にワインとしてのクオリティが非常に高いワインなので、キャンティグラスでスティルワインのように飲んでも飲み応えがあり、AWAスタッフhamaも家族も大好きなワインです♪

 

年末からずーっとワイン漬けの毎日。そろそろ休肝日をもうけねば(笑)。でも、ワインってハレの日には必要ですね!本年もAWAワイン及びAWAシャン日記を宜しくお願い致します!

オーストリアワイン大使 hama * AWAスタッフhamaの日常 * 11:12 * - * - * pookmark

エスターハージー ワイン・オレンジ・サヴァラン・メリンダ

うすぐバレンタインですね!
そんなわけでワインに合うスイーツを作ってみました。

ご紹介するのはエスターハージーの料理本「Esterházy
Kochbuch(エスターハージー コッフブッフ)」
からの
レシピです。
同料理本は
グルマン料理大賞「Austria's best reginal
cookbook」
を受賞しました。
 



Wein-Orangen-Savarin-Melinda
ワイン・オランジェン・サヴァラン・メリンダ


<クグロフケーキ型用の材料 1ルットル 4人分>
卵黄           4個
砂糖            170g
レモンのすり皮     1個〜2個
卵白          4個
小麦粉         160g
ケーキ型用バターと小麦粉 適量
<シロップ用>
辛口白ワイン      700cc
砂糖          200g
レモンしぼり汁     1個〜2個
オレンジしぼり汁    1/2個

レモンのすり皮     1個
シナモン棒       1/2個
クローブ        2個
オレンジ リキュール    20cc
生クリーム           250cc
粉砂糖         適量


1. 卵黄を半分の量の砂糖と、レモンのすリ皮を入れて泡
立てる。

2. 卵白を泡立て、残りの砂糖をゆっくりまぜる。
3. 泡立てた卵白1/4を卵白の塊とまぜる。その後残りの
泡立てた卵白を丁寧にまぜながら小麦粉を入れ、まぜる。
4. この生地を、バターを塗り小麦粉を敷いたクグロフ
ケーキ型につめる。
5. 前もって180℃に温めたオーブンで約30〜35分間
うす茶色に焼く。数分冷やしてから型から出す。
6. その間、砂糖、レモン汁、オレンジ汁、レモン皮、
シナモン棒とクローブをワインで沸騰させ、火を止め、
2〜3分待って、オレンジリキュールを加える。
7. 焼き上がったケーキをボウルに入れ、シロップをその
上に注ぐ。
8. 余分なシロップを取り除き、冷蔵庫で良く冷やす。
9. 仕上げには粉砂糖で飾りつけ、生クリームを添える。

写真はAWAスタッフhamaが造ったサヴァランです。
生地の量が多すぎ、型からはみだし背の高いサヴァ
ランになってしまいましたが、ご愛嬌。

このスイーツに合わせたのはもちろんエスターハージ
ーのワインです。


エスターハージー
ベーレンアウスレーゼ クラシック
参考上代 2,800円(税別価格)


高級葡萄品種のトラミナーと、ショイレーベで造られた
貴腐ワインです。
レーズンや蜂蜜の濃厚な果実味に、その甘みを引き締める
酸が、繊細なサヴァランと最高のマリアージュを見せます。

手作りのお菓子って、作っている途中の甘〜い香りで癒さ
れますよね…。
皆さんもエスターハージー侯爵家のスイーツを甘口
ワインとともにどうぞ一度お試し下さい!

オーストリアワイン大使 hama * AWAスタッフhamaの日常 * 17:46 * - * - * pookmark

謹賀新年 2016年も宜しくお願い致します。

皆様新年明けましておめでとうございます。
旧年中は大変お世話になりました。

ご挨拶が遅れましたが、AWAは1月6日より営業を再開させ
て頂いております。


















長らくのお正月休みを頂いていたAWAスタッフhama。

新年のお祝いのワインはもちろんAWAワイン。
御節料理に合わせたのはシュタイニンガーのAWA(泡)
でした。

日本には未輸入の

シュタイニンガー グリューナー・フェルトリーナー
Grand Grü Sekt 2003 マグナム


マグナムだけでも特別感たっぷりでしたが、2003年のオール
ドヴィンテージ。

このゼクトはシュタイニンガーのシングルヴィンヤードであ
るWechselbergとFrau Pointの2つの畑の遅摘み(11月中旬
収穫)葡萄をゼクトにしたもの。

ワイン名のGrand Grüは、グランクリュ(特級畑)とグ
リューナー・フェルトリーナーを掛け合わせた遊び言葉。

打栓してから何年かたったものを日本で長らく置いていたの
で、泡こそ弱くなっていましたが、ワインとしてのクオリテ
ィーは素晴らしいものでした。
2杯目からはキャンティグラスで楽しみました。

遅詰み葡萄を使用しているので、辛口ワインですが、葡萄の
糖分が高く、今なお酸味を失わずエキスたっぷりの甘みの
ある果実味のワインはおせちの様々な料理、お魚、お野菜
魚卵、お肉、デザートにオールマイティーにマッチング
しました。

またhama家の家族に美味しいワインを与え、ますます舌を
肥えさせてしまいました。
最近は生意気にもワインの批評を始めたhama家族...。

2016年の幕開けもAWAワインでスタートしました。
本年もAWAワインとAWA(泡)シャン日記を何卒宜しく
お願いいたします!
オーストリアワイン大使 hama * AWAスタッフhamaの日常 * 17:39 * - * - * pookmark

ツァーヘル ホイリゲ ツヴァイゲルト入りクグロフ作ってみました!

先週夏休みだったAWAスタッフ。
毎年恒例になりつつあるツァーヘルの料理本「
ディ 
ノイエ ウィンナー ホイリゲン キュッヘ
」のレシピ
の再現に、今年も挑戦してみました!
























写真は「ウィナー ホイリゲ ツヴァイゲルト・グーゲル
フップ
ツァーヘルのウィーナー ホイリゲ ツヴァイゲ
ルト
入りクグロフです。

本来のレシピではツァーヘルの赤ワインのトップキュヴェ
アンタレス」を使用しているのですが、ツァーヘル
ウィナー ホイリゲ ツヴァイゲルトを使用してみました。

「アンタレス」にはツヴァイゲルトが20%含まれているの
ですが、そのツヴァイゲルトと新酒のホイリゲに使用され
ている葡萄が同じ畑から収穫した葡萄なので、代用して
みよう!と思いたちました。

いかがでしょうか?クッキングブックの写真をまねて
撮影してみました。

クグロフを型から抜く時に中央部分に欠けが出来てしま
ったのと、仕上げの粉糖をふっていざ撮影しようとした
ら雨がポツポツと降ってきたので、粉糖をかけ直したら
厚塗りになってしまいました💦。

でも味は手前味噌ですが、しっとりとして赤ワインの
味わいがアクセントとなった美味しいクグロフが出来ま
した!

私も挑戦したい!という方は是非ツァーヘルの新酒=

ツァーヘル ウイナー ホイリゲ2015、あるいは
ツァーヘル ウィナー ホイリゲ ツヴァイゲルト2015
参考上代2,980円(税別)ご予約輸入商品

をご予約下さい。ご希望の方に同クグロフのレシピが
掲載された料理本を差し上げます。

少しだけ秋の気配を感じる夏の夜に、ケーキと赤ワインを
まったりと食しながらAWAスタッフの夏休みは終わった
のでした〜。
オーストリアワイン大使 hama * AWAスタッフhamaの日常 * 12:42 * - * - * pookmark

エスターハージー ホルンダーフリザンテ冷えてます!

お盆も過ぎ、ようやく猛暑日の地獄から開放されつつあり
ますが、まだまだ列島全体は暑い日々が続きますね。

そんな暑さを一瞬忘れさせてくれるのが、本日ご紹介する
スパークリングワインです。


















エスターハージー 
フリザンテ ミット ホルンダーブリュテン
参考上代 2,000円(税別)


この夏エスターハージーから新入荷したフリザンテ(スパー
クリングワイン)です。

ウエルシュリースリングのワインをベースにレモンジュース
と、オーストリアで大人気のホルンダー(にわとこ)の花の
密のシロップを加えた爽やかで軽快な味わいのスパークリン
グワインです。

写真はエスターハージーがお勧めするオリジナリカクテル
エスターハージー オン アイス」。

エスターハージーフリザンテにクラッシュアイス、ライム、

を用意。シャンパーニュグラスの縁をライムで濡らします。
グラスの中にクラッシュアイスを入れ、ライムを搾って、
その中に入れます。
最後にホルンダーブリュテン フリザンテを注ぎ完成。
後は飲むだけ!


夏休み中のAWAスタッフ。この写真撮影終了後、あまりの
暑さに昼間っから一気に3杯ゴクゴクと飲み干しました。
プハ〜ッ!
アルコール度数も約8%、優しい甘みと泡で本当に飲みやす
いカクテルです。


酷暑を乗り切る美味しい泡。
是非皆様お試し下さい!
オーストリアワイン大使 hama * AWAスタッフhamaの日常 * 13:26 * - * - * pookmark

オーストリアワインの長熟能力を見ました!























少し前になりますが六覺燈様主催の「熟成オーストリアワイ
ン試飲会」に参加してきました。

六覺燈様でエイジングしてこられたオールドヴィンテージ
のオーストリアワインで、市場には出回っていない貴重な
ワインばかり。

F.X.ピヒラーの「GV ウンエントリッヒ 2003」をはじめ、
ヒルツベルガー、ユルチッチ、テメント、ヴェニガーらの
トップワインのスマラクトやレゼルヴワインの2001年から
2005年もののオールドヴィンテージのワインおよそ40種類
をテイスティングする事が出来ました。

ご主人の水野氏の「オーストリアワインの真骨頂であるオー
ルドヴィンテージを試せる機会が日本では無く、それを伝え
ないと、オーストリアワインの真の普及につながらない」
との思いからこの貴重な会が設けられました。


若飲みワイン文化のオーストリアではワイナリーでも自分達
の研究資料用の数量しかオールドヴィンテージのワインは持
っておらず、販売用としてエイジングさせているワイナリー
はごくわずかです。

AWAスタッフでもこれだけの種類のオーストリアのオールド
ヴィンテージを一度に飲む機会は無く、大変勉強になりました。
ありがとうございました。



















2000年から2005年の年毎の天候や、造り手、テロワール、
当時の手法などの個性がオールドヴィンテージだからこそ
明確に味わいに表れてきているなぁと感じました。


数あるワインの中でも特に素晴らしかったのが、

ヒルツベルガー GV ホニフォーグル Sma 2001
F.X.ピヒラー GV "M" Sma 2001


ホニフォーグルはヒルツベルガーが造るグリューナーの
最上級ワインです。ホニフォーグルは同じくヒルツベルガー
のリースリングのトップ畑シンガーリーデルの一部でもある
という、同ワイナリーの中でも最も恵まれたテロワールに
ある特級畑。


F.X.ピヒラーの”M”とはモニュメント=金字塔という意味。
通常のスマラクト用の葡萄よりも2週間から3週間収穫を
遅くした葡萄を使用。主にロイベンベルクの畑から70%、
残りは他の畑からの葡萄を使用した、F.X.ピヒラーにおける
グリューナーの最上級ワインです。

両ワインとも2001年とは思えない程の豊かな果実味と
芳醇なアロマをたたえ、同じく生き生きとした透明感の
ある酸が力強く伸び、見事なバランスを今なお保ってい
ます。
素晴らしい!本当に美味しいワインです!

南国系の果物の豊かな果実味にアルコールのボリューム、
そして透明感のある酸にグリューナー独特のエキゾティ
ックなスパイス風味。
オーストリアのテロワール、グリューナーでなければ
この味わいは出ないですし、長熟ワインは存在しません。

残念ながらF.X.ピヒラーのGV "M"の弊社現行ヴィンテージ
は2012とまだまだ若いですが、ヒルツベルガーのGV ホニ
フォーグルの弊社現行ヴィンテージは2008。
年の個性はありますが、同会にお越しになれなかった方にも
オーストリア GV の長熟能力をお感じ頂けると思います。

決して安い価格のワインではありませんが、期待は裏切らな
いと思います。一度是非お試しになって下さい!
オーストリアワイン大使 hama * AWAスタッフhamaの日常 * 16:20 * - * - * pookmark

オーストリアワイン大使 2014ゴールド賞受賞しました!














2014年4月10日。オーストリア大使館公邸で開催され
ました「オーストリアワイン大使選抜コンテスト2014 」
にて私、AWAスタッフhamaことエイ・ダヴリュー・エイ
濱本眞由美は、無事「ゴールド賞」を受賞致しました事
をご報告させて頂きます。

写真はオーストリアワイン大使ゴールド賞受賞式の記念
撮影です。

左から日本ソムリエ協会名誉顧問 熱田貴氏
エイ・ダヴリュー・エイ 濱本眞由美
駐日オーストリア大使 ベルンハルド・ツィムブルグ氏
オーストリアワインマーケティング協会会長
ウィリー・クリンガー氏
ワインジャーナリスト 田中克幸氏

これからも、オーストリアワインの日本市場での普及を
目的に、コツコツと草の根運動を続けてまいる所存です。
今後とも何卒宜しくお願い致します!
オーストリアワイン大使 hama * AWAスタッフhamaの日常 * 12:34 * - * - * pookmark

ツァーヘルおばあさんの卵のスプレッド作ってみました!

夏休み中のAWAスタッフ。
ツァーヘルの料理本「ディ ノイエ ウィンナ
ー ホイリゲン キュッヘ
」のレシピに挑戦
してみました!






















写真は「ツァーヘルおばあさんの卵のスプレ
ッド
」です。
本家をマネてみましたがいかがでしょう?

ゆで卵とフレッシュチーズをたっぷりと使った
オーストリアの家庭料理です。
卵の黄身の甘みとフレッシュチーズの酸味の
バランスが良く、ふわっふわの食感で食べ飽
きない美味しさです。

本日はツァーヘルの新酒=ホイリゲ2012
合わせてみました。

残糖が少し高めだった2012のホイリゲの
やさしい甘みと穏やかな酸味が、このスプ
レッドとベストマッチでした。





















写真はツァーヘルのオーナー、リヒャルト・
ツァーヘル氏のお母上のイルムヒルドさん
です。

「ツァーヘルのホイリゲ=居酒屋ではウィー
ンの伝統的な料理を大切にすることがとて
も重要で、またその伝統的なレシピをモダ
ンにクリエイティブに作りあげています。
ツァーヘルの先代はファミリーレシピを私
達に伝承してくれました。」

と、リヒャルト・ツァーヘル氏。

その伝承レシピを伝えてくださったお一人
が写真のイルムヒルドさんです。
「ツァーヘルおばあさんの卵のスプレッド」
はまさにイルムヒルドさんのレシピ。

ディアンドル姿で現在もホイリゲ(居酒屋)
のキッチンに立つイルムヒルドさん。
御年79歳!お元気ですね!

















さて卵のスプレッド、黒パンにたっぷりと
つけて頂きました。
ちょっともりすぎました?

詳しいレシピはAWAのホープページのオー
ストリアンフード
のページをご参照ください。
オーストリアのフレッシュチーズのトップフ
ェンは日本では手に入りませんでしたので、
AWAスタッフは北海道産のフレッシュチーズ
(30%脂肪)で代用しました。

フレッシュチーズさえ手に入れば超簡単な
このお料理。皆さんも是非一度お試しあれ。
もちろんツァーヘルのワインと一緒に!

オーストリアワイン大使 hama * AWAスタッフhamaの日常 * 20:08 * - * - * pookmark

トラウベンモストでノンアルコールホットワイン作ってみました。

 まだまだ寒い日が続きますが、春は遠しといった
ところでしょうか。
本日はそんな毎日にほっこり温まる飲み物のご紹介
です。
AWAの人気商品、トラウベンモストで作った「
ンアルコールホットワイン
」です。






















今回使用したのはワイナリー・シュトロムのトラ
ウベンモストの白、赤です。
白はグリューナー・フェルトリーナー、赤は
ツバイゲルトをそれぞれ100%使用しています。
ワイン用葡萄を低温加熱して殺菌、
砂糖も水も
防腐剤も一切使用していないナチュラルな飲み
としてご好評を頂いております。

でも、開封してからちょっと時間がたってしまって
いたり、寒い朝に暖かいものが欲しい時にAWAで
ひそかに流行っているのが、このモストを使った
ノンアルコールホットワイン」です。

















用意するのはトラウベンモストと上の写真3つの
材料です。

レシピは以下です。
・トラウベンモスト(白または赤) 380ml
・クローブ(ホール)4粒
・シナモン(スティック)1本
・オレンジ(一切れ)またはレモン

オレンジがなければ、レモンでも良いのですが、
トラウベンモストはそもそも酸が甘みにかくれて
いますがしっかりあるので、レモンだと少しすっぱ
すぎる味わいになりそうなので、オレンジを使用
してみました。

















ローター(赤)バージョンです。
トラウベンモストにすべてのフルーツとスパイス
(シナモンは手で割って、クローブは少しつぶして
下さい。)を入れ弱火で温めます。沸騰直前に火を
止め、そのまま30分おきます。

部屋中に甘〜いフルーツとシナモンの良い香りが
たちこめます。幸せな香りです〜。


















ワイサー(白)トラウベンモストバージョンです。
同じく全てのフルーツとスパイスを入れますが、
白の場合、皮からのタンニンがないのでスパイシー
さと、より身体が温まるように生姜を3片ほど加え
てみました。

同じく温めてから30分ほど置きます。

















30分経過したら、フルーツやスパイスをこして、
温め直します。以上で出来上がり!です。
作ってみると意外に簡単です。

シナモンやクローヴは今はスーパーで少量パックで
それぞれ200円切るくらいで買えますヨ。

出来上がったノンアルコールホットワインは、白は
少し薄い紅茶のように茶色がかった色に。
赤はとっても濃く、黒みがかったガーネット色
変身
しました。

白の味わいは…果実の甘みとスパイスの香り、ぴり
りとジンジャーティーのような風味に、甘露飴の
ような甘みがします。酸味もしっかりとあり、体が
芯から温まります。

赤の味わいは、赤葡萄からくるタンニンの渋みと
黒系果実の果実味、黒コショウのようなスパーシー
さと、果実の甘みが実に濃厚なノンアルコール
ホットワインです。

白も、赤も砂糖や蜂蜜は一切いらない甘みです。
やはりこれは良いワインにするための良い葡萄
に蓄えられた果実の高い糖度によるものから
なんですね。

















少し濃厚すぎたり、甘みが強すぎる、とお感じにな
る場合は紅茶や、フルーツティーなどで割って
お飲み下さい。
赤は濃厚すぎて舌が真っ黒になっちゃうほどです。

お勧めは成城石井さんで売っているフルーツティー。
弊社AWAスタッフ佐野はこのフルーツティーで
割るのが好きだそうです。

とってもヘルシーなノンアルコールホットワイン。
寒い毎日にほっと一息。一度お試し下さい!
オーストリアワイン大使 hama * AWAスタッフhamaの日常 * 10:55 * - * - * pookmark

2012年 今年も十日えびすで商売繁盛祈願。

皆様 新年明けましておめでとうございます。
ご挨拶が遅くなりました。
本年も何卒
宜しくお願い致します。

AWA恒例となってきました、ご近所の西宮神社
にお参りに行ってきました。
















境内はたくさんの人、ひと、人!
お参りをした昨日11日は「残り福」の日でした。
強風で、ものすごく寒かったのですが、たくさんの
参拝客で賑わっていました。

関東の方にはあまりなじみがないかもしれませんが、
西宮神社は「えべっさん」の名前で親しまれている
商売繁盛の神社です。

毎年「福男」を決めるため、開門と同時に大ダッシュ
をしている様子がテレビで紹介されているあの
神社です。
















「商売繁盛」のお札を頂戴するのも毎年の恒例
です。

福笹も大変人気のようで賑わっていました。
巫女さんも華かでカワイイですよね!


















福さらえ(くまで)もと〜っても煌びやかです。
福を引き寄せたいものです。

帰りの電車では、この福さらえや福笹を持った人を
たくさんこの時期には見ることができます。


















だるまさんなどの商売繁盛グッズも盛りだくさん
に販売されています。

必勝〜!今年も勝つぞ〜!

















こちらもテレビなどでおなじみのご奉納の
「大まぐろ」。今年は270キロだそうです。

去年よりちょっとこぶりでしたが、縁起物。
皆硬貨をペタペタと貼って、ご利益ご利益♪。

















お楽しみのひとつは、やはり出店ですね。

アユの塩焼きとかん酒
。お参りの後に一杯
頂いて凍った体を温めました〜。

さあ気持ちも新たに。
皆様本年も何卒宜しくお願い致します。
オーストリアワイン大使 hama * AWAスタッフhamaの日常 * 09:53 * - * - * pookmark
このページの先頭へ