<< ヴェーニンガー2017収穫情報 | main |

ゴベルスブルク新入荷ワインご紹介

シュロス・ゴベルスブルクは1171年以来カンプタールでワインを生産する現存するオーストリア最古のワイナリーのひとつ。現オーナーのミヒャエル・モースブルッガー氏の造る秀逸なワインには根強いファンが日本にも大勢いらっしゃいます。

 

本日はそのゴベルスブルクの「シュロスケラライゴベルスブルク」のレンジから新入荷したワイン2種をご紹介します!

 

 


写真右から

<シュロスケラライ ゴベルスブルク>

・レス グリューナー・フェルトリーナー 2016 

   参考上代 2,400円

・リースリング ウルゲシュタイン 2016

   参考上代 3,000円

 ※上記外税価格

 

レス グリューナー・フェルトリーナーはカンプ川近くに堆積された柔らかい土壌であるレス(黄土質)土壌に植えられた樹から収穫した葡萄を使用。石灰を含んだレス(黄土質)土壌はワインに上品で、古典的なグリューナーのストラクチャーと、特有のキャラクターを与えます。固く引き締まった黄色い果物の果実味に、しっかりとした酸味。丸みとしなやかさを備えた、ドナウ河産の典型的辛口白ワインです。非常に長い余韻が続きます。

 

リースリング ウルゲシュタインはカンプタールのプルミエクリュクラスに相当するエラステラーゲ「ガイスベルク」及び、グランクリュクラスに相当するエラステラーゲ「ハイリゲンシュタイン」からの樹齢平均15年ほどの比較的若い樹齢の機から収穫した葡萄を使用。桃や梅などの核果系果物のアロマに果実味、石のようなフレーバーが伴い、軽快でピリッとした刺激ある、キビキビとした、しかしたっぷりとしたエキスが口中に溢れます。正統派リースリングの辛口白ワイン。

 

どちらも価格以上の品質があり、これは!と自信を持って輸入に至り新しく取り扱いが決定したワインです。ミッヒェルさんも一押しのフードフレンドリーワイン。お勧めです!

オーストリアワイン大使 hama * オーストリアワイン商品紹介 * 11:43 * - * - * pookmark

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 11:43 * - * - * pookmark
このページの先頭へ