<< マーティン&アナ アンドルファー GV ハンディクラフトッド | main | バレンタインチョコ×クラッハー甘口ワイン ツヴァイゲルト アウスレーゼ >>

初春のロゼワイン グロッサー ゲミシュター・サッツ ロゼ

西宮は今朝、小雪が舞い散りました。一番寒い時期に突入しましたが、弊社近くの桜の名所 夙川公園の桜の花も小さいつぼみがふくらみだし春の気配を感じるようになってきました。

本日は初春のロゼワインのご紹介です。

 

 

オーストリア ズュートブルゲンラント アイゼンベルクのワイナリー「GROSZER グロッサー」。グロッサーはアイゼンベルクのスレート土壌を活かし、エレガントでミネラリーなワイン作りをしている、主に赤ワインを生産するワイナリーです。

 

写真はグロッサーのワインチームです。右からオーナーでマネージングディレクターのマティアス・クルン氏、ヴィンヤードマネジャーのアントニーナ・ヴォイト氏、醸造責任者のマークス・バッハ氏です。

 

昨年からチームに加わったのがヴィンヤードマネージャーのアントニーナ。「ブドウ栽培において有機農法を一層強め、オーガニック認証に向け大きく舵を切ってます。」との事。オーガニック認証のワイン楽しみですね。

 

 

<GROSZER グロッサー>

Gemishhter Satz Rosé

 ゲミシュターサッツ ロゼ

   参考上代 2,500 円(税別)

 750ml ロゼ 辛口ワイン

 

グロッサー といえば1リットル瓶とご記憶かと思いますが、この度750mlに容量変更となりました。その分価格はお買い求め安くなりました!

 

葡萄は「ゲミシュター・サッツ」。オーストリアワインラヴァーでしたらもうご承知かと思いますが、「ゲミシュター・サッツ」とは複数葡萄の混植、混醸のワインの総称です。

 

しかし、この「ゲミシュター・サッツ」すごいところは黒葡萄による混植混醸ワインである、という事なんです。

黒葡萄は白葡萄と異なり、それぞれのぶどうの熟すタイミングが異なる為、同時収穫が難しく、そのため黒葡萄によるゲミシュター・サッツは世界でも殆ど作られてません。

 

一昨年クルン氏が来日した折に僕は食品会社を経てワイン作りを始めたから、色んな国に行って多くのワインを飲んだけれど、ゲミシュター・サッツのロゼは見た事が無い。」と言っていました。

 

濃いめのピンク色。ラズベリーやレッドカラントなどの赤系果物にハーブの香りと果実味。硬質でミネラリックな味わいは上品で、喉越しが良くまた一杯…と飲みたくなる魅惑的な辛口ロゼワインです。

 

初春に和食にはもちろん、バレンタインにはスイーツと、お花見にはスパイシーフードと合わせたり等、様々なシーンに合うロゼワインです!

オーストリアワイン大使 hama * オーストリアワイン商品紹介 * 12:41 * - * - * pookmark

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 12:41 * - * - * pookmark
このページの先頭へ