<< 2010年夏オーストリアの旅ゴレス篇 | main | 2010年夏オーストリアの旅アラホン篇 >>

2010年夏オーストリアの旅テメント篇

 ゴレスから車で1時間程のズュートシュタイヤー
マルクのワイングートテメントを訪問しました。





















ズュートシュタイヤーマルクは上↑の地図の円で囲
んだ地域オーストリアの南、スロベニアとの国境に
あります。















テメントのワイナリー。7年前に完成した最新鋭の
設備を持つ畑の上にそびえるモダンな建物です。

















ワイナリーから南方向にあるテメントのトップ畑、
ツィルエッグ。

急勾配の斜面は強い日照を得ることができ、ブドウ
を十分成熟させることができる半面、大雨などによ
り、土砂崩れなどのリスクもあるとのこと。
ヴァッハウなどと異なり、縦方向に植えられたブド
ウ畑は「オーストリアのトスカーナー」と称される
美しさ。

写真左奥のこんもりと木々がある場所はスロベニア
です。まさに国境沿いにワイナリーはあります。
















畑におりてみました。急!!30度くらいの勾配で足が
トットット・・・とすすんでしまいます。

50度から60度の勾配がある箇所もあります。こんな
勾配を収穫時には何回も分けて行うそうだから大変
な労力です。
















下まで降り、ワイナリーを見上げてみると、ヒヤ〜
あんな高台にあります。
ハア息があがりました。勾配のきつさがわかります。
















6月初旬のソーヴニョン・ブランの樹。ブドウの実が
つき始めています。



















マンフレッド・テメント氏。「ミスター・ソーヴィ
ニョンブラン
と称されるオーストリアを代表する
造り手。
オーストリアのワインマガジン「
Falstaff
ファルスタッフ
5つ星を獲得。(※5つ星はオー
ストリア全ワイナリー中8ワイナリーのみがランキ
ングされている。)





















テメント氏自らがテイスティングサービス、説明
をしてくれました。

この日は、
ソーヴィニョン・ブラン クラシュック
ソーヴィニョンブラン グラスニッツベルク
ソーヴィニョン・ブラン ツィルエッグ
を含む11種類を提供して下さいました。

伝統的なソーヴニョン・ブランをてがける一方、
フラッグシップのツィルッグは高いアルコール度、
濃密な果実味と高いミネラル感の力強いソーヴィ
ニョン・ブランで一気に名声を得ました。

ちなみにAWAスタッフのお勧めはグラスニッツ
ベルク
。南東向きの貝殻を多く含む堆積土壌の
畑です。
凝縮感のある果実味と高いミネラル感、フィネス
あるワインです。大きいグラスでゆっくり味わう
と、もう〜素晴らしいのです。























地下4階にある醸造タンク。上下2つにわかれて
おり、異なるワインを入れることができます。

上のタンクではソーヴィニョン・ブランクラシック
を。下はツィルエッグを。畑毎に管理できるように
するためにこのようなタンクを導入しています。
















800リットルから3,800リットルまで様々なサイズが
ある大樽。オーストリアの木材を使用したミックスの
樽。最近は大樽の使用比率が増えているとのこと。



















ツィルエッグを熟成させるフレンチオーク。新樽と
大樽の使用比率はヴィンテージによって変えるそう
だ。



















フレンチオークがあるセラー横にはむきだしのまま
の壁を見ることができます。
この土は2千万年から6千万年前のもの。かつては
海であったこの土地は石灰質土壌。ソーヴィニョン・
ブランにむいている土壌です。
ワイナリーを造るため掘りすすめていくと化石が
ごろごろ出てきたそうだ。
この壁の湿気が樽にも良くまさに一石二鳥という
わけです。

気候・地理的環境、造り手、醸造設備なにもかも
が一流でした。

観光地としても有名なシュタイヤーマルクの自然の
美しさに後ろ髪をひかれつつ、ブルゲンランドへ
と向かいます。


オーストリアワイン大使 hama * オーストリアワイナリー訪問 * 14:57 * - * - * pookmark

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 14:57 * - * - * pookmark
このページの先頭へ