ハウザース グリュー(ホット)ワインご予約開始のお知らせ

暑かった夏がようやく終わり、日に日に秋が深まって

きましたね。

本日は毎年ご好評頂いております、グリュー(ホット)

ワインのご予約開始のお知らせです。

 

今年は例年より輸入時期が遅く、12月初旬の入荷を

予定してます。

 


ハウサーズ グリューワイン
(クリスマスラベル)
ドイツ産 容量:1000ml
参考上代 1,500円(税別)


ハウサーズ ビオ グリューワイン
ドイツ産 容量:750ml
参考上代:1,500円(税別)

 

※2016年12月初旬入荷予定

ハウサーズのビオグリューワインのスタイルは、スパ
イスが控えめでオレンジのフレーバーが特徴ながら、
ワインの果実味がしっかり感じられる優しい味わい。

一方、クリスマスラベルのグリューワインは同じく
ハウザースらしい繊細な味わいながら、アロマ豊かで
華やかな味わいです。

限定入荷となってますので、ご注文はお早めにお願い
します!

オーストリアワイン大使 hama * ニュース * 09:44 * - * - * pookmark

WINE KANSAI ワイン関西 2016 AWAブース出展のお知らせ

AWAはWINE KANSAI 2016 ワイン関西2016に今年も

出展致します。
詳細は以下の通りです。

日時:2016年10月27日(木)10:00〜17:00
会場:大阪天満橋OMM ビル
2階 Bホール
参加費:無料

※テイスティンググラス¥300(税込)にてお買い求めの

上、会場内の試飲にご利用下さい。
※一般の方はご入場頂けません。

 



今回AWAがご紹介予定のワインは以下のアイテムです。


・プラーガー グリューナー・フェルトリーナー 
ヒンテル デル ブルク フェーダーシュピール
・ヒルツベルガー グリューナー・フェルトリーナー
ローテス トール フェーダーシュピール
・F.X.ピヒラー グリューナー・フェルトリーナー
クロスターサッツ フェーダーシュピール
・クノール グリューナー・フェルトリーナー
   クロイトレス フェーダーシュピール

・プラーガー リースリング
シュタインリーグル フェーダーシュピール
・ヒルツベルガー リースリング
シュタインテラッセン フェーダーシュピール
・F.X.ピヒラー リースリング
ブルグスタール フェーダーシュピール
・クノール リースリング
ロイベンベルク フェーダーシュピール
 


今回のテーマは「Exploring Wachau〜ヴァッハウ特集
」オーストリアの辛口白ワインの銘醸地ヴァッハウの
4大巨匠と称されている「ヒルツベルガー」「プラーガ
」「F.X.ピヒラー」「クノール」をご紹介します。
これぞオーストリアワインの真髄といえる贅沢なライン
ナップをご用意しています。

入場は「お名刺2枚」ご提出で受付して下さいます。

その他詳細は主催のグローバル様ホームページでご確認

さい。

是非AWAブースへお越し下さいますようお願い致します。
お待ちしております!  

オーストリアワイン大使 hama * オーストリアワインイベント * 11:46 * - * - * pookmark

グロッサー ゲミシュター・サッツ ロゼ入荷のお知らせ

オーストリアのズュートブルゲンランドのワイナリー

グロッサーワインから黒葡萄で作った、非常に珍しい

ゲミシュター・サッツのロゼワインが入荷しました!

 


GROSZER WEIN グロッサーワイン

ゲミシュター・サッツ ロゼ  2015
参考上代 2,900円(税別価格)  

    ※1000ml 辛口 ロゼワイン
    

今年の3月にグロッサーワインのオーナー、マティアス・

クルン氏が来日の際に、イベント用として少量輸入しまし

たが、本格輸入は今回が初めてとなるワインです。

 

ゲミシュター・サッツとは、ひとつの畑に様々な葡萄品種を

混植し、それらを同時に収穫し、醸造する、オーストリアで

古くから存在する伝統的手法で、その総称です。

 

畑に混植する葡萄の樹の種類は、ワイナリーや畑により、

実に様々ですが、多くは白葡萄です。

 

今回ご紹介するゲミシュタ–・サッツは黒葡萄による混植

混醸ワイン。

白葡萄よりも収穫日を同じにするが難しい黒葡萄の

ゲミシュター・サッツはオーストリアでも希です。

 

使用されている黒葡萄は、ブラウフレンキシュ、ツヴァ

イゲルト、メルロー。

スレート土壌を基盤に、ローム(粘土質)の混じる、アイ

ゼンベルクの南向きの急勾配の斜面に植えられた葡萄を

収穫。

 

様々な果物や、ハーブの香り。フルボディで、スレート

土壌からなる硬質でミネラリックな味わい。

スパイシーなアクセントが効いた、一杯、また一杯と飲み

たくなる魅惑的な辛口ロゼワインです。

 

一気に秋を感じる気候になってきましたね。

コクのあるロゼワインが美味しい季節となってきました。

一度お試し下さい!

オーストリアワイン大使 hama * オーストリアワイン商品紹介 * 09:53 * - * - * pookmark

第3回 オーストリアワイン大試飲会 AWAブース出展のお知らせ

 

 

来る10月25日東京丸ビルにて開催のオーストリア
ワイン日本最大の試飲会「オーストリアワイン大試飲会

にAWAはブースを出展致します。

 

第3回オーストリアワイン大試飲会

会場:丸ビル8F コンファレンススクエア 
日時: 2015年10月25日(火)

11:00-16:30  業界関係者の部
飲食店・酒飯店・プレス対象

有料セミナーあり
18:30-20:30  一般の部 
※会費 7,000円 

ウィーンのホイリゲ料理・ワイン・お土産つき

 

お申し込み・詳細は→こちらから

www.advantageaustria.org/jp


国内最大のオーストリアワインの試飲会です。
是非弊社ブースにお立ち寄り下さい。お待ちしています!

オーストリアワイン大使 hama * オーストリアワインイベント * 10:43 * - * - * pookmark

グロッサー ワインメーカーズ イベントのお知らせ

本日はズュートブルゲンラントの新進気鋭のワイナリー、

グロッサーワインのオーナーのマティアス・クルン氏の来日

と、同ワイナリーの日本初輸入ワインの入荷を記念し、ワイ

メーカーズディナー開催のお知らせです。

 

 


写真はグロッサー ワインのオーナー、マティアス・クルン
氏です。

グロッサーワイン ワインメーカーズディナー@

ホテルニューオータニ大阪 フランス料理サクラ
日時:2016年10月19日(水)19:00〜
詳細→
こちら

 

イベントでは今回日本初輸入となる、白のゲミシュター・

サッツと、前回即売り切れとなった黒葡萄によるロゼの

ゲミシュター・サッツ他5種類のワインをご紹介します。


ゲミシュター・サッツ ヴァイス 2015 新商品!
   参考上代 2,900円 

ゲミシュター・サッツ ロゼ 2015 新商品!
   参考上代 2,900円 

 

フランス料理サクラさんのエレガントなサービスに、シェフ

永井氏のお料理。

そしてクルン氏のアカデミックなワインの説明を直にお聞き

頂ける良い機会です。

また弊社代表のテッシュもメーカーズディナーに通訳として

同席致します。テッシュファン(笑)の方も是非お越し下

さい。

 

皆様のお越しを心からお待ち申し上げております。

オーストリアワイン大使 hama * オーストリアワインイベント * 17:02 * - * - * pookmark

ツァーヘル ホイリゲ2016ヴィンテージ情報!

ツァーヘル ホイリゲファンの皆様、大変お待たせしました!

今年もツァーヘルの新酒=ホイリゲの2016ヴィンテージ

情報をお送りします。

 

写真はワイングート・ツァーヘルの醸造責任者で、セールス

兼マーケティング担当のアレクサンダー・ツァーヘル氏と、

妻でフードジャーナリストのヒラリーさん。

 

そしてアレックスが抱いているのが、今年8月に産まれた

ばかりの長女イルサちゃんです。

 

毎年ツァーへルホイリゲのヴィンテージ情報をお届けして

ますが、アレックスに年々家族が増え、家族写真を紹介する

場みたいになってきましたネ。

 

 


写真は9月11日収穫前日、白のホイリゲ用の葡萄、ゲミシュ

ター・サッツの畑で撮影したものです。

以下、アレックスによる2016年の天候と葡萄の出来レポー

トです。

 

2016年の葡萄生育は比較的早く、4月中旬から始まりま

した。5月の平均気温は例年と同じくらいでしたが、2015

年ほど暑くはありませんでした。

 

開花は6月、やはり例年より少し早めで、その後雨が多く

降りました。7月は比較的涼しく、例年より降雨がありま

した。

 

8月に入ってから暑く、降雨もしっかりあったので、それ

により葡萄の実はしっかり完璧に熟す事が出来ました。

それ以降は晴天が続き、日中は高温、夜は冷え込むという

完璧な天候でした。

2016年はクラシカルなクールクライメットオーストリア

ヴィンテージと言えるでしょう。

 

白のホイリゲ用のゲミシュター・サッツの収穫は2013年や

2015年と比べて2週間程遅く、9月12日に行いました。

当日の天気は暖かく、晴天に恵まれました。葡萄の品質は

素晴らしく、葡萄の糖度は暑い年であった2015年より低

かったので、2015ヴィンテージより辛口となるでしょう。

 

今年も日本でホイリゲプロモーションをするのが待ち遠し

くてたまりません!

 

<ツァーヘル>
ウィーナー・ホイリゲ 2016 辛口白

 (ゲミシュター・サッツ)
ウィーナー・ホイリゲ ツヴァイゲルト 2016 辛口赤
参考上代 750ml フルボトル    各2,980円

              375ml ハーフボトル 各1,800円

※上記税別価格  

 

白のホイリゲは、ここ何年かは残糖が高めの、優しい甘みの

あるフルーティーな味わいでしたが、2016ヴィンテージは

久々にクラシカルなキリッとした味わいになりそう。

楽しみですね!

 

フルボトルは若干余分に輸入の予定です。予約をし忘れた!

追加をしたい、というお客様はAWAまでお問い合わせ下

さい!

オーストリアワイン大使 hama * オーストリアワイナリー情報 * 12:14 * - * - * pookmark

ユルチッチ ナチュラルワイン エンデコンゲン

AWAが輸入するオーストリアワインの中でも最も古いお付き

合いのワイングート「JURTSCHITSCHユルチッチ」。

 

伝統的ワインの造り手として認知されておられる方も多いと

思いますが、ナチュラルワインのレンジ「ENTDECKNGEN

エンデコンゲン=発見」がこの度限定入荷しました!

 

 


ユルチッチはオーストリア カンプタール  ランゲンロイスで

最高の区画に葡萄畑を所有。

バランスのとれたテロワールの特徴を感じられるワインを

作っています。

 

2012年からはアルヴィン・ユルチッチがワイナリーを引き

ぎ、現在は妻でセラーマイスターであるステファニとワイン

造りをしています。

 

妻のステファニはドイツ ナッケンハイムのワイナリー

「グンダーロッホ」の娘で、ドイツからユルチッチにお嫁

に来た、日本のキティちゃんが大好きな才色兼備です。

 

「ENTDECKUNGENエンデコンゲン」は偉大なるアペラシ

オンワインから抜け出した、自由なスタイルのワイン。

 

異なる香りや味わいを探求した、様々なグリューナー・

フェルトリーナーによる、生命を宿したワインです。

 

 


ユルチッチではアルヴィンの父の代から2世代にわたって

除草剤と科学肥料を使用していません。

 

70年代からコンポストと緑肥に切りかえ、茶葉の肥料や

ホエー(乳清)などを使用しています。

2009年からはオーガニック認証を獲得しました。

 

ランゲンロイスは夏場は非常に暑い地域なので、ウオー

ターマネージメントには特に注意を払っています。

グリーンカバーと、自家製のコンポストは葡萄の樹の成長の

バランスを取る為に重要です。

 

剪定とリーフワークの段階で選別している為、グリーンハー

ストは行いません。

直射日光からブドウの実を守る為、ブドウの樹の北側(南向

き)のみリーフワークを行います。

 

 


エンデコンゲン」のワインはブドウの栽培において自然で

あることはもちろんの事、醸造方法も昔の作り方=ナチュラ
な造り方にこだわっています。
POT des Fleures ポット デ フラー というネーミングの
リューナー・フェルトリーナーの醸造方法を紹介します。
ブドウは貴腐ブドウを除き、全て手摘みで収穫。
除梗はせず、全房のままジョージア産の600リットルのアン
フォラで6ヶ月間一切手を触れず自発的醗酵。
酵母は土着のもの。温度管理は一切無しです。
収穫の翌年のイースターの頃(4月初め)に、500リットル
古いオーク樽に移し、熟成。
マロラクティック醗酵はアンフォラの中で自然に起きます。
清澄はせず、沈殿の後、グラヴィティシステムにて細かい
ストッキングを通してろ過し、瓶詰め。
瓶詰め時に10g/l の二酸化硫黄を加えます。
上の写真はユルチッチワイナリーにあった新品のアンフォラ
です。

写真は今回入荷したワイン達です。写真左から
<ユルチッチ>
Pot des Fleurs Grüner Veltliner Ernte 2014
   ポット デ フラー グリューナー・フェルトリーナー
 エルンテ 2014  参考上代 7,500円
Freier Loise Grüner Veltliner Ernte 2014
   フライエル ロイジル グリューナー・フェルト
 リーナー エルンテ 2014  参考上代7,500円
 ※上記外税価格
アルヴィン曰く、全てナチュラルワインで「オレンジワイ
ン」とは決して名乗ってませんが、「ポット デ フラー」
は白ブドウを赤ワインの醸造方法で作った、いわゆる
「オレンジワイン」です。
一方、「フライエル ロイジル」は白ワインのカテゴリー
属するようです。
今年6月にオーストリアで開催されたオーストリアワイン
の展示会「Vie Vinum」でも、ユルチッチの「エンデコン
ゲン」シリーズは大好評で、世界のバイヤー、特に若い
ワインビジネスの人達が、このワインに興味津々でした。
上写真の右端のベーシックワインでオレンジワインの
Bell Naturelle Grüner Veltliner ベルナチュレレ
グリューナー・フェルナーは既に売り切れ。
次回は2016ヴィンテージの来春のリリース待ちという
大人気ぶりです。
今までのユルチッチの伝統的なクラシカルカンプタール
ワインとは全く異なる、若いセラーマイスター二人による
古くて最先端のナチュラルワイン。大注目です!
オーストリアワイン大使 hama * オーストリアワイナリー情報 * 14:00 * - * - * pookmark

ツァーヘル シェーンブルンシリーズ 名称ラベル変更のお知らせ

この度ツァーヘルのベーシックワインのシュロス・シェーン

ブルーンシリーズが名称及びラベル変更となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<ツァーヘル>

・ウィーナー ゲミシュター・サッツ DAC 2015

 参考上代 2,800円

・サンクト・ラウレント カドルツベルク 2012

 参考上代  3,300円

※上記外税価格

 

上は新ラベルの写真です。価格も為替の変動で旧ラベル

ワインの価格から変更(値下げ)してます。

 

ワインについて、今月長女イルサちゃんを出産したばかり

の、醸造責任者アレクサンダーの妻ヒラリー(もう

働いておる!)から詳しく教えてもらいました。

 

ゲミシュターサッツDACは異なるブドウ品種をひとつの畑

中に混植し、同じ日に同時収穫し醗酵させる、混植混醸の

手法で作ったワインです。

 

ゲミシュター・サッツとは元来造り手が、特に難しいヴィン

テージにおいて、葡萄の収量を担保する為に発展した方法

ですが、ここ20年でルネッサンス(復興)のムーブメント

がおこりました。

 

具体的には混植の仕方をより洗練し、醸造技術を向上させ、

フレッシュでテロワールを反映させたワインのスタイルに

しました。

これらのムーブメントを先導して行った、ツァーヘルら

ワインメーカーにより、ゲミシュタ–・サッツに再びスポッ

ライトが当てられたのです。

 

このワインは2013年のヴィンテージ以来、オーストリア

政府から国家承認の法律であるDAC=原産地呼称のゲミシュ

ター・サッツDACを、伝統的なウイーン地方固有のワイン

して認定を得ました。

 

なるほど〜。このワインはまさにウィーンの典型的なワイン

のお墨付き、という訳ですね。

続いて赤ワインについても聞きました。

 

このサンクト・ラウレントはツァーヘルのシングルヴィン

ヤードであるKadolzbergカドルツベルクから収穫したブド

ウを100%使用しています。

 

カドルツベルクはウィーンの南西の最も角にある40年の

古い畑です。

砂質かつ石灰質の土壌は、オーストリア場葡萄品種

あるサンクト・ラウレントの栽培にとても適しています。

サンクト・ラウレントはピノ・ノワールが片方の親にあた

葡萄品種です。

 

ワインは強いチェリー系の香りや味わいが特徴で、ベルベッ

トのようななめらかなタンニン、リッチな果実味の味わい

と余韻の辛口赤ワインです。

 

両ワインともにウィーンをアイデンティティとするワイン

です。味わいも以前よりぐっと洗練されています。

是非あらためてお試し下さい!

オーストリアワイン大使 hama * オーストリアワイン商品紹介 * 22:12 * - * - * pookmark

祝!ツァーヘル アレックス パパになりました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今朝早く、AWAスタッフhamaのもとに一通のメールが届き

ました。

Baby ilsa arrived today!!!

 

ツァーヘルの醸造責任者アレクサンダー・ツァーヘルと妻

ヒラリーの間に元気な女の子が誕生しました!

 

名前はIlsaイルサちゃん。

このアレックスの嬉しそうな表情!

 

 

アレックスからのメッセージです。

 

Dear friends,

We are so proud to introduce the pictures of our

daughter ilsa to Japanese clients!

All the best
Hilary and Alex

 

ツァーヘルのワインを長年ご愛顧頂いているお客様には

親戚のように嬉しい出来事ですよね。

 

ワイングート・ツァーヘルの頼もしい将来の担い手が

出来ました!

オーストリアワイン大使 hama * ニュース * 11:37 * - * - * pookmark

ヴェーニンガー(オーストリア)畑訪問 2016年夏

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オーストリア ミッテルブルゲンラント ホリチョン村にある

ヴェーニンガーを訪問しました。

 

ヴェーニンガーは主に赤ワインを生産するワイングート。

ブラウフレンキッシュ、ツヴァイゲルト、メルロー、ピノ・

ノワール、カベルネ等の黒葡萄を栽培しています。

 

フランツ・ヴェーニンガー氏が1982年に両親から引き継ぎ、

翌年の1983年に早くもブラウフレンキッシュ・カビネットで

国際的な評価を受け、現在約30ヘクタールの畑をオーストリ

アに所有しています。

 

ヴェーニンガーはハンガリーにも畑を所有し、2006年には

ワイナリーをハンガリーのショプロンに建設、ハンガリー

ワイン造りを開始し、事業を拡大、成功を納めてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回畑を案内してくれた現在38歳のフランツ・ラインハ

ト・ヴェーニンガー氏です。

 

自らが手がけたハンガリーのヴェーニンガーワイナリー

は2006年に雑誌「Borbarat」で最も有名なハンガリー

ワイナリーに選ばれた時、フランツは28歳。

若い頃から頭角を現していました。

 

現在は父のフランツ・ヴェーニンガー氏が引退し、オースト

リアとハンガリー2つのワイナリーの代表に就任しています。

 

ヴェーニンガーでは2006年から農業生態学者アンドリュー・

ローラン氏の指導のもと、ビオディナミ農法を実践。

ビオディナミ認証団体「RESPECTリスペクト」のメンバー

でもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真はホリチョン村にある見晴らし台に上って撮影した

ブラウフレンキッシュの畑です。

 

西にあるハンガリーのパノニア平原から吹く暖かい空気は

フラットな地形によりホリチョン村まで障害物なく届きます。

温暖な気候はパノニア気候と呼ばれ、黒葡萄の栽培に適し

た環境です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見晴らし台に上ってフランツがヴェーニンガーの畑に

ついて説明してくれました。

 

「ヴェーニンガーではブラウフレンキッシュを4つの地区で

栽培しています。

ここHoritschonホリチョン(ローム粘土質)と、ホリチョ

の北西にあるKolkofenカルコーフェン(ライムストー

ン石灰質)、ズュートブルゲンラントにあるSaybritz

サイブリッツ(グリーンスレート緑色粘板岩)、そして

ハンガリーにあるSteinerシュタイナー(クナイス片麻

岩)の畑です。

ヴェーニンガーではそれぞれの土壌の特徴を見極め、単一

のワイン醸造をしています。」

とフランツ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホリチョンのブラウフレンキッシュを栽培している畑のひと

であるホッホエッカーの畑へ移動。

写真は樹齢約35年のブラウフレンキッシュの古樹です。

 

ホッホエッカーはホリチョンでも最も古い畑のひとつで、粘

質土壌の下層には鉄分が含まれています。

ブラウフレンキッシュには理想的な土壌です。

 

ビオディナミを2006年から実践しているヴェーニンガー。

には様々なハーブや植物が植えられています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビオディナミを実践する理由、それによる効果を教えてもら

ました。

このあたりの通訳はAWAスタッフhamaの英語力では難解

でしたので、後日フェイスブックでフランツとやりとりを

して詳しく教えてもらいました(汗)

 

「今日ブドウ畑における最も深刻な問題のひとつは季節との

つながりを失った事です。本来ブドウの樹は日が最も長く

なる夏至まで育ち、そこから先はブドウの実が成長するはず

が、現代の農法では樹(葉っぱ)は冬が来る手前まで成長

してしまいます。

 

また、固く濃い緑色の葉はそれ以上は光合成はしない。

だから樹はますます新しい葉をつけて行くのです。

これではエネルギーがブドウの実にまで行き届きません。

 

これを解決する為に僕たちは異なるやり方(ビオディナ

の実践)をしてるんだ。」

とフランツ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真はヴェーニンガーのセラーに置いてあった、プレパラー

と雌牛の角です。

 

「プレパラート500番と501番を適時にまきます。それに

より、ブドウの樹はいったい今がどの季節なのか理解する

事ができます。

 

これにより、ヴェーニンガーのブドウの葉は明るい緑色で

光合成をしっかりとする事が出来、また柔らかい為、

お日様に向かって角度を変える事が出来ます。」

 

フランツがビオディナミに関心を持ったのは、留学した

カルフォルニアで、土地が農薬で死んでいたのを目の当たり

にした経験から。

シュタイナーはもちろん、日本の自然農法提唱者 福岡正信

にも影響を受けたそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真は畝に植えられているハーブやライ麦です。

 

「ソイルワークとして、様々なハーブの種を畑にまき、

一緒に植えています。

ハーブや植物の根は土を耕し、ブドウの根に空気(窒素)

を送ります。またミミズが土を耕し、土をふかふかにして

土壌に隙間を作り、適度な水分と空気をブドウの根に与え

る事ができます。

 

クローバーなど厚みのある植物は成長を促し、濃厚で

厚みのあるワインを産みます。

カラシナやライ麦、矢車草など薄い葉の植物は、成長を抑制

し、直線的な引き締まったワインを産みます。

 

これらのバランスうまくを取ってブドウを成長させる事が僕

達の目標で、そうする事でセラーでする仕事は殆ど無くな

ります。

とフランツ。

 

レポートが少し長くなったので次回はセラー訪問の報告

をします。

オーストリアワイン大使 hama * オーストリアワイナリー訪問 * 12:32 * - * - * pookmark
このページの先頭へ